珍しい精油のこと(①エレミ)

2018年01月21日

一般的にはあまり出回らない、ちょっとかわった精油についてご紹介してみたいと思います。

第一弾として、個人的に私が好きな精油です。

「エレミ」Canarium luzonicum カンラン科 樹脂

エレミはフランキンセンスと同じカンラン科の樹木から採取される樹脂を水蒸気蒸留することで抽出します。

主にフィリピンを中心とした熱帯気候で育つ植物で、その樹脂は濃厚なハチミツのように粘りがあり黄金色をしています。

その樹脂に傷を治して皮膚の機能を高める働きや、傷ついた心を癒す作用があるとして、15世紀くらいから傷薬としての軟膏や、宗教的な薫香の材料としても使われてきました。スピリチュアルな部分を活性化してくれるので瞑想などにも役立ちます。

心とお肌の両面で、治りにくい傷の力強い助っ人という感じでしょうか。

フランキンセンスの仲間とはいえ、香りは全く違って感じます。フランキンセンスは森林浴のような柔らかで少し乾燥したようなスッとする香りなのに対して、エレミは樹脂というよりどこか柑橘のような甘酸っぱさとグリーンノートが共存しています。主張の強い香りですが、一度嗅ぐとまた嗅ぎたくなるようなくせになる香り☆彡

この香りは、含まれるフェランドレンやリモネンなど、ハーブやレモンに含まれるのと同様の成分を含むためで、人に心地よい感覚とともに心身を活性化してくれる働きも期待できます。

フランキンセンスは浄化や癒し、緊張緩和がキーワードとなるのに対し、エレミは活性や精神力の強化がキーワードといえますね。


【こんな時にオススメ】

●スキンケア全般に  ●治りにくい傷があるときに  ●ニキビやあせもに  ●不安感があるときに  ●集中できないときに  ●落ち込んでやる気が出ないときに


【成分】

●モノテルペン(メチルカビコール、フェランドレン、リモネンなど)  ●セスキテルペノール(主にエレモール)  ●エーテル(主にエレミシン)  ●微量のセスキテルペン


【おすすめの使い方】

●クリームやオイルに少量を加えてスキンケアに  ●エタノールと水に混ぜてリフレッシュスプレーに  ●お塩と一緒にお風呂に入れてリラックス  ●ディフューザーで芳香させ空気清浄に


【相性のよい精油】

ローズマリー、ラベンダー、バジル、ティートゥリーなどのハーブ系

シナモン、フランキンセンスなどのスパイスウッド系


ちなみに私はルームスプレーやオーデコロンのブレンドによく使用します(^^♪。爽やかな香りですが、ブレンドしても割としっかり主張がありますので少量からお試しくださいね♬